スマートフォン解析 み、みんなだいぶ溶かすことに寛容やな笑笑 2016年12月28日8時のトレンドワード【寛容】 | トレンドワード速報

み、みんなだいぶ溶かすことに寛容やな笑笑 2016年12月28日8時のトレンドワード【寛容】


早速ブサヨ皆様が反応してるな。#パールハーバー での #安倍総理 #オバマ大統領 のスピーチ。あれだけ憎しみ有った鬼畜米英とジャップと呼ばれた国々は今やお互いなくてはならない間柄になった。その関係で根底になったのは「寛容と和解」 #左翼 と #支那朝鮮 に一番欠けている所だな。
太平洋戦争勃発の地まで来れたのは和解・寛容によるもの、という所感の内容は、「そういう成熟した次元には到達できない国が同じレベルで扱われるとは努々思うな」て話でもあって、今回も好戦的な国々、特にお隣の国々をマイルドに牽制するスピーチだった。
民進党議員や共産党議員のこれまでの発言に憎悪を連鎖させるな、寛容の心を持て…とのお題を安倍首相から頂きました。無理 > 私。
安部首相の所感の意が、日本国内にも、世界にも伝われば、と思った。寛容の力、和解の力。それだけでも。世界は一筋縄にはいかないけど、一時だけでも。野党の皆さんと沖縄県の知事さんがどんな弁を話すのか、ちょっと興味。
武士道 「仁」とは、思いやりの心、憐憫の心である。それは「愛」「寛容」「同情」という言葉でも置き換えられるものである。「仁」は人間の徳の中でも至高のものである。「仁」が王者の徳として必要不可欠なものである
予想パールハーバーでの安倍首相所感に対し「寛容とは、他国から強制されるべき性質のものではない」などと、自ら不寛容であることを自白する証言が周辺国から相次いだ。
ぜひとも中国や韓国・朝鮮、ベトナム、フィリピン、インドネシア、シンガポール、ミャンマーなどでも和解のメッセージを。それが寛容というものです
和解の力ねぇ。どう考えてもアメリカの寛容と呪縛に取り込まれてきただけの70年だったと思うけど。だからといって国益だけで見た場合日米同盟は問題だらけとはいえ一定の機能は未だ持っている。問題は、それに伴う矛盾や不利益を抑え込まれている側の政府がまるで解決する気がないこと・・・

み、みんなだいぶ溶かすことに寛容やな笑笑
どんどんと不寛容がはびこっている今だから、寛容であることがいかに大事であるかを訴えたい。
哀悼の意→寛容の心、和解の力→不戦の誓い→同盟の大切さ これからの両国、両首脳にとっての様々な意図が見え隠れする所感表明。哀悼の誠を捧げるという言葉が空虚に聞こえるのは本来の目的がそこにはないということが明け透けだから。
信頼を得るというのは、まず己が相手を認めること。好意的であること。可能な限りは寛容な気持ちを保つことは大切かと思うね。まず聞くことは大切にしたい。受け入れるかどうかは別にして。
ハワイ真珠湾からの日米両首脳の会見を聴く。終戦後アメリカが様々な形で日本に良くしてくれた寛容の心の大切さは忘れたくないと感じる。
日本は適正なお金払えないなら一度失敗に寛容になるべきだと思う
「寛容」は「かんよう」「ひろやす」と読みます。
今年はテレビもPS4 Proも買ったのでクリスマスも誕生日も何もないと言っておきながら「ゲーム一本くらいはいいよと」お許しを得たのでなにか買おう(*´д`*)今朝真珠湾の中継で観た「寛容の心」ってのはこういうことなんだなと実感し…え?違うの?
「私たちはどうしたら人から必要とされるようになるだろうか?自分が人からしてほしいことを、人に対してすればよい。つまり、愛し、尊敬し、親切に振る舞い、寛容であればよいのだ。」=ヘーゼルデン財団= [名言NOW]
寛容、クレメンティーア。安倍ちゃん連発してたな、カエサルのつもりかな?
どうもスッキリしない私は個人的に『寛容』より『寛大』の方が好き寛容って何でも容認する意味合いが拭えないのよね
けふは暴れないようにしよう 和解と寛容
不戦だ寛容だいっておきながら沖縄を弾圧し排外主義を放置する。嘘吐きアメポチの安倍晋三はさっさとくたばれ。
寛容の心和解の力希望の同盟日本中の基地で米兵の犯罪が起きても事故がおきても今後もヨロシクということお互いのための未来志向だそうですがうーん、謝る勇気と許す優しさってことばほ時と場合によると、年長児にもおしえてるんですよ、ワシ。
未来志向ねえ。実際には、他国の政府転覆させたり、他国の反政府勢力掃討を名目に支配したり、戦争を作り出して飯食ってんじゃねえか。武力を奮う方が寛容を主張するというキチガイ沙汰は何なんだろうな。この国どれだけ狂えば狂いどまるんだろうか。
寛容の心、大事
” 寛容さ “大切な時代
健康ゴールド免許とか言うイカれたものいいを見てると寛容の心なんて微塵も感じないぞ。つまりあれか、自死を認める。って意味の寛容か?流石美しい国。
真珠湾での安倍首相の演説は「米国は和解と寛容の心」で日本を救ってくれたと言う感謝の言葉であった。その点は評価するが首相の日頃の政治姿勢と対比すると「ウソっぽさ」を否定できない。東京裁判を否定し、米国が作った憲法は認めず、憲法改正を急ぐ首相の「不戦の誓い」はどうもストンと落ちない。
「寛容の心,和解の力」イイ言葉だ。
侵略国側が世界に「和解」「寛容」を求めるの、おかしいと思わんのか。
リベラリズムの寛容の原則だって、その原則は絶対的に適応されるという意味では全然相対主義ではないんだからね!?

み、みんなだいぶ溶かすことに寛容やな笑笑<br /> 2016年12月28日8時のトレンドワード【寛容】

どうでもいいんだけどオバマ大統領の笑顔好き 2016年12月28日7時のトレンドワード【オバマ大統領】
切り餅じゃなくてのし餅が食べたい 2016年12月28日11時のトレンドワード【のし餅】

どしどしコメント残してください